LINEで送る
Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

Appleは急なシャットダウンなどを防止する目的でiPhoneのバッテリーが劣化したら自動でiPhoneのパフォーマンスを低下させる仕組みを組み込んでいた事が明らかになり、正式に謝罪しiPhone6以降のバッテリー交換を3200円(税抜き)で行うと取り組みを行っております。

このプログラムは、街のiPhone修理業者にとっては衝撃的な出来事でしたが、蓋を開けてみるとAppleらしいというか、酷い状況が発生しています。

実際に当店に持ち込まれたApple福岡天神にてバッテリー交換修理済みのiPhoneですが、バッテリーを固定するためのテープの付き方が裏表逆になっていました。
実際に、逆でも性能に問題はないのですが街の修理屋の事を非正規と呼ぶなら、正規修理店ではもっとしっかりとした修理をするべきでは?という疑問も持ちました。

そして、昨日ニュースになっていたのは、街の修理屋なら絶対に気にしないというレベルのボディーにある小さなキズで約30,000円も請求されたという事があったようです。

Apple曰く、この傷を修理しないとバッテリー交換が出来ないとのこと。
正直、何を言っているのかわからないというか、難癖をつけているだけのような気がします。

また、外見など含めて完璧な状態だと確信してApple Storeに持ち込んだ端末は内部に損傷があるという指摘を受け、約37,000円という見積もりが出たそうです。

バッテリー交換代金を引き下げた代わりに、お客さんがわからないのをいいことに他の部分で収益を上げようとしていると疑いたくなるような内容の話ですね。
これがAppleのやることなのか!と声を大にして言いたいです。

 

iPhone、iPad mini、AppleWatch、Macと身の回りはApple製品だらけの身としては、Apple頑張れ!という気持ちですね。

 

※ニュースソース
http://news.livedoor.com/article/detail/14663319/



iPhone専門店のi@Q(あい あっと きゅー)

住所
福岡市早良区西新5-15-11 2F

電話番号
0120-947-123

営業時間
10:00〜19:00
基本的には年中無休ですが、たまに休む時があります。。詳細は定休日カレンダーを御覧ください。

メールでの問い合わせは問合せフォームからお願いします。

iPhoneの修理などはご相談ください。営業時間外でも対応いたします。

iPhoneケースを買いに来れない方はメール便かレターパックにて発送いたします。お問合せください。


LINEで送る
Pocket