こんにちは、昨日は晴れなのに黄砂のせいで

福岡市は霞んでいましたね・・・

 

さてさて、今回もiPhone修理の記事ではなく

私がよく壊すモノの小技についてです。

 

今回はiPhoneの充電ケーブルでつかえる小技です!

充電ケーブルの差込口周辺が破れてしまったという人は多いのではないでしょうか。

今回はそんな破れやすいと有名なiPhoneの充電ケーブルを補強してみたいと思います。

 

準備するもの

  • ボールペンに付いているバネ
  • 充電ケーブル
  • 爪楊枝(あったら便利です)

 

P_20150606_153216

1.まず、ボールペンのバネを取り出します。

 

P_20150606_153635

2.充電ケーブルを準備します。(今回は一世代前のものを使っています。)

 

P_20150606_154126

 

3.充電ケーブルにバネを取り付けます。

ここで無理に素手で取り付けるとけがをする可能性があるので、爪楊枝を使うことをおすすめします。

取り付ける際にはケーブルを傷つけないように気を付けて下さい。

 

P_20150613_143714

 

4.バネをグルグルとつけていったら完成!

 

身近なもので充電ケーブルを補強できるのでお手軽です。

ですが、100均で売っているボールペンのバネは想像以上に弾性が無いのであまりオススメしません。

ケーブルの強度に不安がある方は一度やってみてはいかがでしょうか。