今回は信号についてです。

音響式信号機

内容は、基本的には信号機に従うこと。 ということ。
小さい頃から言われているようなことなので、特に困るようなことではありません。

青の時は、進んでもいいよ
黄色の時は、止まれない時以外は止まりなさい
赤は、止まりなさい

こんな感じですね。
信号は、目の前にある信号機に従います。
車校の先生方がよく仰っていますが、福岡は交差点が複雑なところが多いようです。(実際に、原の交差点も一本多いですし)

信号機に従うのですが、例外として警察官や交通巡視員の方が信号機の変わりになることもあります。
事故や工事などの理由でそうなるのだと思いますが、私は未だにその現場を見たことはありません。
そうそうないことなのでしょうか?

他にも、左折可の標示板

があるときは、まわりの交通に注意しながらであれば信号が赤や黄でも左折することが出来るようです。
d0089699_01477

こんな標識。
聞いた話では、福岡市にはこの標示板はないそうです。

バスに乗って道路を見ていたり、原付で実際に公道を走っているので、大体は問題なさそうですね。
ですが、慢心が一番いけないので気を付けますよ!