balloons-693781_960_720

最近、19時前になってもかなり明るくなってきましたね。
もうすぐ蒸し暑い梅雨の季節がやって来ます・・・
梅雨といえば雨、ですのでiPhoneの水没には注意しましょう!

水没と言えば以前、軽く水没させてしまったというお客さまのiPhoneを修理させていただきました。
子供にもたせておいて、水たまりに落としてしまったそうです。
落としてしまった後は徐々に調子が悪くなっていき、液晶の不良が出てきた上にホームボタンが使えない。

更には電源ボタンの効きも怪しいことに・・・
水没はiPhoneをむしばむということがよくわかりますね・・・

お客さまの要望により、画面の修理と水没の処理をすることに。
電源ボタンとホームボタンが使えないとなると、iPhoneの画面を付けることすら出来ないので非常に困りますからね・・・

いつもどおり、バッテリーの端子に用心しながらiPhone内部を綺麗に洗浄、乾燥させてから画面交換に入ります。
水没させてから少し時間が経っていたのか、端子をおさえる金属カバーに軽くサビが付いていました。
サビは電子機器の天敵。 このサビを落とさないかぎりまともに通電はしません。

ですが、幸いな事にこのiPhoneの端子部分にはサビはついておらず、そのまま使える状態でした。(サビ落としはかなり時間と手間がかかるので別料金を頂いています。)

そして、そのまま作業を続けていって画面を取り付けました。
これにて無事終了かとおもいきや、動作確認の時に不具合が!
それは、水没時によくあるイヤスピーカーから音がでない症状です。

1r7RXbdLusP1Lypj.jpg

この症状は、スピーカー自体が破損している、インカメラとの接触が甘い事、インカメラ自体が破損しているということが考えられます。
とりあえず出てきた案をお金がかからない順に試していくことに。

まずスピーカ―の交換。 効果なし・・・
念の為スピーカーも洗浄してみましたが効果はありませんでした。

次にインカメラの接点の見直し。
一度取り外して、もう一度注意深く取り付けるも効果なし・・・
カメラ自体は使えるので接点の見直しでなんとかなるかと思いましたが、どうともなりませんでした・・・

残る1つのインカメラの交換。
再びインカメラを取り外し、今度は新しいものを取り付ける。
すると、見事にイヤスピーカーが復活! イヤスピーカーの接点部分のケーブルが内部断線を起こしていたようです。

お客さまの同意のもと、追加料金を頂き、イヤスピーカーも交換することに。
もう一度動作確認を行い、問題ない事が確認出来たのでお客さまに返却。
ホームボタンが使えない事を除けばいつもどおり使っても大丈夫になりました!

iPhoneの修理ならi@Qへ!
今回のように、iPhoneの様々な部分を修理することが出来ます!
他にもバッテリーやホームボタン、電源ボタンの修理も可能です!

お気軽にお問い合わせ、ご来店ください!