先日、お客様の中に同級生かな?と思う方が2人来られました。
特に話したことはない上に、一人は別の学校ということもあってよくある「顔は思い出せるけど名前が思い出せない」状態におり入りましたよ・・・

福岡のそれも早良区という地元で商売をしていたらこういう事もあるものですね。 仲の良い友人はほとんど福岡市内にいないので合う機会はほぼないですが・・・

そんな個人的な話はこれまでにして

Apple_Safari

以前「端末を強制的に再起動させるイタズラリンクが流出している」と紹介しましたが、とうとうGoogleがその問題の「Crash Safari」のショートカットリンクを無効にしました。 Googleも流石にめんどくさいと思ったのでしょうね。
このリンクを作成した人はどうなるのでしょうかね?

ジョークサイトを作った人のことは気になりますが、その話はそのうち出てくるでしょう。
この問題のジョークサイト「Crash Safari」はGoogleがリンクを無効化するまでに75万回以上のクリックがあったようです。
ものすごいクリック数ですね。 ですが、このクリック数の中には面白半分で押してみたり、ほんとうかぁ?と思った人が押した数がそこそこ多く含まれている気がしますよ。

f15164-e1395756510115

この端末を強制再起動させる問題のリンクは、Googleが規約違反としてリンクを無効化することによってひとまず解決されたようです。Googleもめんどくさかったでしょうね・・・ 話題になっていない他のイタズラサイトも同じようにしているのでしょうか?

Googleがリンクを無効化することによって一応解決されたと先ほど書きましたが、一部の情報によると、今回Googleが無効にしたショートリンク以外にもまだ複数のリンクが有効のままとなっているそうです。

その複数のリンクが有効になっている原因として、iMessageやWhatAppといったクローズドなメッセージツール経由で拡散されているためではないのでしょうか?
完全にこの騒動が収まるのはもう少し先になりそうです。

この騒動の原因である「Crash Safari」は開くと強制的に再起動させられますが、再起動させられるだけで特に破損の危険はありません。イタズラによってiPhoneは頭の使いすぎで悲鳴を上げる事になってしまいますが。

ダウンロード

そんな怪しいサイト開いたことがないのにiPhoneの調子がとても悪いんだけど・・・
という方、iPhone修理屋に行くことをおすすめします!

場合によってはただパーツを交換するだけでは修理が出来ないということもありますが、そんな時はここi@Qにお任せください!
調子の悪いiPhoneをバッチリ直しますよ!