今日のiPhone修理は福岡市早良区のお客様です。

修理が多く、写真を撮るのを忘れてしまったので今日はイメージ画像です。

color-262799_640

 

症状はiPhoneを正面に見て右上の角と右下の角が内側に折れ曲がっているような状態で、そのままではフロントパネルも入りません。割りとよくある症状なのですが、本日の症状は重度だったのでエントリーを。

 

合計で2mm弱ほどの歪みなのですが、iPhoneにとって2mmとは大きな歪みなのです。

なにしろ、髪の毛1本も入る隙間が無いほどに精密に作られているので2mmもずれると地殻変動で地形が変わってしまうぐらい大変なことなんです。

 

なぜ、iPhoneがこんな状態になったかと言うと

落としてフロントパネルが割れる→修理をせずに使っていて、また落とす。

このルーチンが多いようです。

 

最初にiPhoneを落とした時はフロントパネルも強度の一部でiPhoneを支えているのですが、ガラスが割れて強度が落ちている状態でiPhoneを落とすとフロントパネルが割れている分強度が弱くなっているので、バックパネルの損傷が広がるということです。

 

1番の対策はiPhoneを落としてフロントパネルが割れてしまったら、すみやかに修理をすることですね。

まだ使えるからといって割れたまま使っていると徐々に症状が酷くなっていきますので、早目に修理をしましょう。

 

当店ではiPhone5のフロントパネルの交換は9900円(税込み)で15分〜30分(バックパネルの歪みが大きい場合は、もっと時間がかかります。)で完了して、データも消えません。