今日も何件も修理が入りバタバタしていたiPhone専門店のi@Q福岡西新店です。
あるある的な話なのですが、なぜお客様は同じタイミングでご来店されるのでしょうか。超ヒマな時間帯に来ていただけると、あと少し優しくなれるのに・・・

iPhone6のパネル交換を行ったのですが、修理の1時間ほど経った時にiPhone6画面が映らなくなったとのお客様が来られました。
ちょうどiPhone6のフロントパネルの在庫が切れたところで問屋に取りに行こうと考えたところだったので、お客様に修理を少し待っていただく必要があると考えていたのですが、今回の修理は内容が少し違いました。

 

P1010111

修理の内容は、iPhoneの電源は入り、タッチ以外の操作は出来るけどフロントパネルだけ正常に動作しないという内容でした。
最近来ないと思っていたらきました。噂をすればということですかね?

とりあえずお客様のiPhoneを預かり、状態を見てみることに・・・
まずは画面がつくかつかないかのチェック。 もちろんつきません。
次にマナーモードのスイッチ。オフにすると振動しましたし電源がついている状態のようです。
お客様も特にiPhoneにダメージを与えていないとのことなので別の原因だと判断。

ダウンロード

このパネルがつかなくなってしまった原因は、MFi(Appleの規格)認証ではない充電器(ケーブル)を使っていたことだと思われます。

規格に合っていない物を使うと、電流など細かい部分が違うためにエラーが起こるのです。
こうなると基盤がエラーを吐いているので一度iPhone内の電気を全てとってしまう必要があります。
対応策が見つかったので早速作業を開始

iPhone内の電気を全て取り切った後に電源をつけてみると、無事に画面にAppleのマークが!
とりあえずついたのでホッとします。

その後、動作確認を一通り行い無事にiPhoneの復旧が成功!

これでパネルが悪ければ16800円と高い修理費でしたが、基本修理なので4800円とかなり下がりました。 お客様もお喜びの模様。

 

もし、同じように突然電源が入らないような事態に陥ったら、慌てず落ち着いてiPhone修理屋さんに持って行きましょう。
福岡市内の方でしたら西新まで足を延ばしてもらって当店までお越しいただければ、温かい室内と美味しいコーヒー(ネスカフェバリスタ)でおもてなしいたしますので是非ご来店下さい。

当店はiPhoneの修理だけではなく、MFi認証品のライトニングケーブルやiPhoneのケースなど、iPhoneの周辺機器も取り揃えております。
iPhoneのケースやLightningケーブル