毎日暑い日が続いてますね。

筆者も、ついスーパーの商品棚(冷蔵)の前に立ち尽くしてしまうことがしばしば。

だって涼しいんですよ。

 

i@Q福岡西新店です。

 

近頃、熱くなったせいなのか当サイトの検索履歴などを見ていると「iPhone 冷蔵庫」などといったキーワードでの検索でたどり着いてるかたがいらっしゃいますが、iPhoneを冷蔵庫や冷凍庫に入れてはいけません。

block-of-ice-16566_1280

内部に結露が発生し基板がショートする可能性があります。

つまり、水没と同じ症状が出てしまうんです。

 

先日の記事でも書きましたが、この時期は水没修理が多く、復旧確率は残念ながら100%ではないのです。

いつも必死でiPhoneの修理をしていますが、復旧不可でお客様にiPhoneを戻すときは悲しくなりますよ。

いっぱしの技術屋を気取っているのに復旧できなかったという結果だけが残ってしまうので。

 

ということで、皆さんiPhoneを冷蔵庫に入れるのはやめましょう。

iPhoneの熱対策としては、シリコンケースは熱がこもりやすいので、暑い日はアルミケースなど放熱の良いケースを使うと吉かと。後はポケットなどから出して風通しの良い場所に置く、直射日光にあてない等の対策をこまめ行いiPhoneの温度上昇を回避しましょう。