最近は涼しいと思っていたら、先日の夜は蒸し暑かったです。
夜中に冷えたらいけないと思い、薄い毛布をかぶっていたのですが、虫刺され対策に長ズボンを履いていた私の太ももには汗疹ができていました。

そのおかげで、今もズボンでこすれて太ももがかゆいです。
私のように年中、長袖長ズボンの人はそう多くないと思いますが、これから更に暑くなってきますので、長袖長ズボンで過ごす予定の方は、汗疹に気をつけてくださいね!

そろそろ本題に入って

IPhone_5S_Home_Button

今のiOSの最新バージョンは「iOS9.3.2」ですが、今年の秋に新型iPhoneと一緒に新しいiOS「iOS10」がリリースされる予定だそうです。 毎年恒例でもありますね。

この新型iOSですが、ベータ版のiOS10をiPhoneにインストールすると、iPhoneの空き容量がかなり空くそうです。
何でも、128GBのiPhoneにインストールしたら10GBも空き容量が出来たとか。
一番ストレージの低いモデルの16GBでも、1GBの空き容量が出来たそうです。

流石に、10GBの空き容量は凄いですよね! この10GBがあれば色々なことが出来ますよ。
写真を撮ったり、アプリを追加でインストールしたり、動画を撮ったり・・・ 考えていると色々な使い道が出てきますね!
1GBの空き容量でも、容量に困っている時にはかなり助かるものです。

以前、32GBのiPhone4sを写真で埋め尽くしてしまって、まともに動作しなくなったとのことでお客さまが来られました。
ただ単に写真を削除すればいいじゃないか。 と普通は思います。 実際にそうなのですが、実を言うと写真を削除するのにも少し空き容量が無いと出来ないのです。

詳しく話すとキリが無いので、機会があればお話します。(調べたほうが早いかも)

12562D2133

もし、iPhoneの容量を埋め尽くしてしまって、身動きがとれない状態のiPhoneがiOS10にアップデートして1GBでも空き容量が出来ると、削除することの出来なかったデータが削除できるようになるので、スッキリ出来ます。
iOS10は、色々な新機能も追加されるらしいので楽しみです。(そろそろ再起動の機能を追加してください)

現段階で出ているiOS10はベータ版ですので、正式にリリースされるものと大きく変わる可能性があります。
もちろん、空き容量が増えるのも確実ではありません。 ですので、空き容量が増えるといいなー と思いながらリリースを待ちましょう!

まだタイミング的に早いのですが、iOS10が出たばかりの状態でのアップデートは控えましょう。
iOSの大型アップデートで毎回恒例の文鎮化バグがリリース予定の新しいiOSでも発生するかもしれません。(たぶん発生します)
iPhone修理屋さんに持って行っても直らないという可能性も無いことはないので、気を付けましょう!