2283196913_5e81c9ff7e_o

今日はひな祭りの日ですね。色々なところでイベントがやってます。
ひな祭りと言えばひな壇を飾りますが、江戸時代後期ではひな壇に金魚を飾る習慣があったそうですよ。
ひな壇を飾っていて金魚を飼っている方は、江戸時代の習慣に触れてみるのもいいかもしれませんね!

話はこれくらいにして

最近、ネット上でスマホ関係のデマが流れているようです。まぁいつものことなのですが。
今回のデマの内容は、以前流行った「1970年1月1日」のバグを誘発させるようなものではなく、早めのエイプリルフールネタのような感じです。

内容は、「割れたスマホの画面にオロナインを塗るとひび割れが治る」というもので、iPhoneの修理屋からみたら明らかにデマというものです。 もしこれで直ったら修理屋は出来ない上に、大塚製薬は違う方向で大儲けですよ。 あと効能のところにガラス割れと記入しないとですね。
とそんなことを思いながらどれくらいデマが広がっているか気になったので調べてみようとしたところ

SnapCrab_NoName_2016-3-3_12-45-27_No-00

Google検索の2番めに候補が来ています。
これを見ただけでかなり広がっていることはもうわかります。

調べたところ情報源はTwitterからのようで、Twitterユーザーが「オロナインで直せない傷はない。オロナインのオロナイウムとゴリラガラスのゴリラ粒子が反応して一晩で直る」とツイートしたところ、ネタで拡散した人 本気にしている人 注意をうながす人と様々ですが、広がり方が凄く一週間も無いうちに約6万4000リツイート、約5万2000件のいいねを集めているようです。 みんな暇ですね。ネタが大好きなんですね!

ツッコミどころ満載のデマ(ネタ?)ツイートで実際におこなった人も多くいるようで、ツイート中の「ゴリラ粒子」というワードでGoogle検索を行ったところ、スマホとオロナインが出てきました。

今回のデマはiPhoneが起動しなくなるなどの致命的なものではなかったので安心ですが(デマが流れる時点で安心ではないのですが)先ほど言った「1970年1月1日」のバグのように致命的なバグを誘発させてiPhoneを使い物に出来なくするようなデマが流れることも無いとは言えません。

ですので、怪しい情報だなと思った時は是非、i@Qへお問い合わせください!
「電子レンジでカンタン充電」や「アップデートで水没対応になった」などのかなり危険なものや再起不能になるようなデマも過去に流れているので気を付けてくださいね!