最近は夜に雨がよく降りますね。外に出ている時間に雨が降らないのでラッキーです。
天気予報も外れ気味なので外へ出かけるときは折り畳み傘を持って行ったほうが安心出来そうですね。
これから花粉の時期なので外に出ていない時だけ降って欲しいものですが・・・

hearing-99015_960_720

iPhone6sシリーズが出た辺りからiPhone5sの改良版がでると噂が出ていましたが、その噂になっている「iPhone5se」が3月15日に発表されるかもしれないとのこと。

IPhone_5S_Home_Button

なので今出ている「iPhone5se」の特徴をまとめてみたいと思います。

まず一つ目の特徴は、大きさです。

「iPhone5se」は大きさが4インチとiPhone6とiPhone6sシリーズに比べてかなり小さくなっています。
やはりiPhone6シリーズは大きい事が理由で売れなかったのでしょうか。ポケットに入れないことを前提で使えばiPhone6が使いやすい気もしますが、そこは人それぞれということですね。

二つ目は、iPhone6sシリーズと同じCPUを使われているところ。

去年の9月頃に発売された新型のiPhone「iPhone6s/iPhone6sPlus」。
噂通りだとiPhone6sシリーズと同じCPUを使っているため、「iPhone5se」はiPhone6sシリーズを小さくした感じになりますね。
大きくて使いにくい、ポケットに入りにくいという悩みの元がなくなるので買い換えるiPhone6のユーザーの方が出てくるかもしれませんね。

三つ目は、iPhone6シリーズと同じフレームの形を採用しているところ。

15280545660_1bf67a2f5a_o

「iPhone5se」はiPhone5sとは違い、iPhone6シリーズと同じフレームの形を採用しているようです。
先ほど言ったように、噂では4インチでiPhone5シリーズと同じ大きさなのでiPhone6シリーズと同じフレームの形でなければiPhone5シリーズのケースが使えそうですね。

今ではiPhone6シリーズが主流になったので、電気屋さんや携帯屋さんではもうiPhone5シリーズのケースはほとんどと言っていいほど置いていないですが、ここi@QではたくさんのiPhone5シリーズのケースを置いています!
恐らく、福岡の中で一番持ってるんじゃないですかね? 不良在庫?そんなことはないですよ!と言いたいところなのですが実のところ本当に不良在庫です・・・

潤沢にありすぎるiPhone5シリーズのケースを見たい方は過去の記事を参照してください。
iPhoneのケースカテゴリです。

新型iPhone、iPhone5シリーズと同じフレームにならないかなぁ・・・

このiPhone5seはフレームだけでなくパネル部分もiPhone6シリーズと同じ形のようです。
最初はiPhone5sのCPUを交換しただけのようなものと思っていたのですが、ここまで違うものになってくるとは・・・
まだ噂なので確定ではないですが。

iPhone5sと同じ修理パーツではないということになると、iPhone5seの修理が手軽にできるようになるのはかなり先の事になりそうですね・・・
もしそうであってもそうでなくてもAppleCareに加入しておくことをおすすめします。

四つ目は、ApplePayが使えるところ。

ApplePayはいわゆる「おサイフケータイ」です。簡単にクレジット決済ができて便利なものらしいのですが、残念ながら日本にはまだ導入されておらずApplePayを利用することが出来ません。
ですが、ApplePayのサービスが開始されたのはここ最近の話なので、近々日本でも使える日が来るのではないでしょうか?
ついでに、iPhoneの内部をいじっておサイフケータイ化させることも出来ますが、なかなか難しいためおサイフケータイ化させる場合はかなりの注意が必要になります。

大体の大きな特徴はこんな感じですかね?

coins-205530_640

そして気になるiPhone5seの値段は、16GBで$450(約54000円)だそうです。
64GB仕様の物もあるようですが、正確な情報はもう少し待ちましょう。

3月15日に行われるAppleの新製品発表会では新型iPad「iPad Air3」やAppleWatchの新しいバンドオプションも発表されるらしいですよ。
まだ噂なので確定ではないですが、時期が時期なので発表されるかとは思いますが。

3月15日が楽しみになってきましたね!
ワクワクしながら時を待ちましょう!