iPhone専門店のi@Q福岡西新店です。

Original_iPhone_docked

最近iPhone5のドックコネクターの交換やバッテリー交換が増えてきてます。 交換時期なのでしょうかね?
バッテリーは前から来ていますが、ドックコネクターはなかなか来るようなものではないので練習にもなって嬉しいです。

修理に来ていただけるのは嬉しいのですが、たまにiPhone自体の保険が残っている方も来られます。(早く済ませるためというお客様のおられました)

ダウンロード

そこで、iPhone自体についている1年補償でどんな補償が受けられるか、どんな状態だと対象外か確認してみましょう!

まず、どんな補償が受けられるか。
iPhoneの修理、交換、返金のこの3つ
修理、交換では新品のパーツやデバイスを使われたり、新品同様の中古品を使うこともあるそうです。

返金ではiPhoneの代金を返金します。 そのままですね。
この修理、交換、返金のサービスはAppleが判断しますので3つのどれかをユーザー側で選ぶことは出来ません。 注意しましょう。
※iPhoneの補償を使うときはデータを削除されるので必ずバックアップを取りましょう!
当店でもバックアップサービスを行っております。 お気軽にご相談ください。

次に保証対象外になる状態

  • かすり傷やへこみ等の表面的な損傷
  • 別商品の併用での破損
  • 事故、火事、地震、誤使用、乱用、液体接触等の外的要因による破損 液体接触は水没も入ります
  • ガイドラインにしたがって使わなかった場合の破損
  • Appleや正規サービスプロバイダ以外が行った修理・アップグレードによる破損
  • Appleの許可なく改造したことによる破損
  • 自然損耗やそのほかのApple製品の経年劣化による破損

とこんな感じです。

他にもシリアルコードが剥がされているものなども対象外になってしまいます。

自分のiPhoneの補償はいつまで? という方も少なくはないかと思います。
最後に補償期間の確認の仕方を紹介します。

設定アプリから 一般→情報を開きます。
画面を下にやっていくとシリアル番号があります。 これをコピー。
次にSafariを開き、Appleのページヘ。 ページはコチラ

シリアルコードを入れるところにペーストして続けるをタップして終わり。

簡単に見ることができるので一度確認して見てはいかがでしょうか?