iPhone専門店のi@Q福岡西新店です。

images

iPhone6sシリーズは耐水性能が上がったと言われています。

それは、AppleWatchと同じ接着シールが使われているからとのこと。

しかし、シールを貼って耐水性能が上がったとは言え、完全防水ではないため水がiPhone内部に入ります。

主に、Lightningポート(充電器さすところ)、マイク、イヤホンジャック、音量ボタン、ミュートスイッチから浸水するようです。

新しいiPhoneをお持ちの方、耐水性能が上がっていますが、これからも水没にはご注意下さいね。