iPhone専門店のi@Q福岡西新店です。

中国と言えばパクリ商品が多いというイメージを持っている方は少なく無いと思います。

その中国が今年だけで約4万台の偽iPhoneを輸出し、1億2000元(約24億円)と荒稼ぎしていたことが発覚したようです。

ダウンロード

偽iPhoneは、海外で調達した中古のスマートフォンの基板を輸入し、深センから取り寄せたAppleのロゴマークがはいった外装に組み込んで作っていたようです。 原価はかなり安そうですね。偽なだけあって本物のiPhoneほど性能はよくないのでしょう。

他にはAppleWatchやリボンケーブルが大量に生産されたようです。

 

もし、うちに修理で持ち込まれたらどうやって断ろうかと考えながらこのニュースを読んでいましたが、工場が摘発されたので偽が持ち込まれることは無いかとホッとしています。