LINEで送る
Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

筆者が、そう言えば気圧センサー入ってたよね?と思って調べてみたらやっぱりありました。

気圧計

iPhone6s以降の端末に標準搭載されています。

使い方

一番シンプルに使うには「HeySiri 今の気圧教えて!」と話しかけたら気圧を教えてくれます。

他にもAPPStoreで「気圧計」などで検索をするといくつか出てきます。

標高計

気圧を知ったら標高も知りたくなったので追加で調べてみました。

使い方

コレは標準アプリのコンパスで知ることができます。
この機能も上記と同じ気圧センサーを利用しているようです。

 

GPSでも標高を知ることが出来るので、それも調べてみることにしました。
7mとなっています。上の気圧を利用した高度計は20mとなっているので、ずいぶん差異がありますね。

 

このズレ方は気になりますね
ちなみに、この測定場所は福岡県福岡市早良区西新5丁目15−11の2Fとなっております。
ということで国土地理院が提供しているWEBアプリで調べてみました。

 

標高が4.6mとなっています。
そして、ここは2Fなので1フロアあたり3mとして足してあげると7.6mとなります。
ということはGPSの勝利ですね。

どうやら標高を知るのにはGPSの方が有効なようです。
GPSであれば古いiPhoneにも搭載されているので、どのiPhoneでも使えます。

気圧や標高を知って何になる?
というような本末転倒な話もありますが、ちょっと興味をもったので。

 



iPhone専門店のi@Q(あい あっと きゅー)

住所
福岡市早良区西新5-15-11 2F

電話番号
0120-947-123

営業時間
10:00〜19:00
基本的には年中無休ですが、たまに休む時があります。。詳細は定休日カレンダーを御覧ください。

メールでの問い合わせは問合せフォームからお願いします。

iPhoneの修理などはご相談ください。営業時間外でも対応いたします。

iPhoneケースを買いに来れない方はメール便かレターパックにて発送いたします。お問合せください。


LINEで送る
Pocket