LINEで送る
Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

やっと雨が降り始めましたね。
降らない降らないと言いながらもう6月も半分終わってしまいます。
今年も空梅雨なのでしょうかね?

降るなら降るでしっかりと降ってもらいたいものですね。

雨の話は置いといて

昼食の事を考えながらパソコンの前で作業をしていると、お客さまからお問い合わせが。
内容は、iPhone6の画面割れ修理のようです。
やはり、iPhone6が主流ですね。 色々と叩かれつつもなんだかんだで人気の機種になったので、iPhoneもホッとしていることでしょう。

お問い合わせから30分ほど経ったくらいに、お客さまが来られました。
電話での問合せで確認はしていますが、念の為にもう一度お客さまのiPhoneをチェックすることに。
画面の異常だけでなく、インカメラなどの他の部品のチェックもありますからね。

TrIaJgKyXhsr1W35.jpg

お客さまのiPhoneの画面です。 全体的に割れていますね。
もしかすると、この全体的に割れているということが、液晶の保護になっているのでしょうか?
最近は、派手に全体的に割れているiPhoneの画面ほど、液晶が破損していないような感じがします・・・

Alarm_Clocks_20101107a-768x1024

お客さまのiPhoneはケースをつけていたため、フレームの歪みはなく、その他部品の破損も見られなかったので、修理費はiPhoneの画面修理のみになります。
フレームの歪みが酷いと、画面修理の2倍ほど掛かってしまうことがありますからね・・・
実を言うと、一番神経をすり減らす作業はフレームの修正だったりします。

話を戻して

お客さまの画面は、割れているだけあって、取り外しが少し気を付けなければなりません。
画面が割れている状態でiPhoneを開けると、パネルが曲がってしまい、液晶を壊してしまう恐れがあるのです。
力の加減が何となく難しいのです。

今回の作業は、iPhoneを開ける作業が一番難しかったですね。
お客さまのiPhoneは画面以外の状態がかなりよく、作業がしやすかったですよ。
インカメラがむき出しになるほど激しく割れていると、また別の意味で作業が早くなったりもしますが・・・

無事にiPhoneの修理が終わり、お客さまと一緒に動作確認をした後にお会計です!
インカメラ周辺の部品の取り付けには一番気を使っていますが、それでも稀にネジの締め方や部品の取り付けが甘かったりして、イヤスピーカーから音が出ない時があります。
動作確認は当たり前ですが、いつもイヤスピーカー周辺の動作確認は念入りにしていますね!

動作に問題が無かったため、そのまま無事に終わりました!
綺麗になったら、お客さまに喜んでいただけますし、自分も何となく気持ちが良くなります。
やはり、お客さまの支えがあってこそですね!



iPhone専門店のi@Q(あい あっと きゅー)

住所
福岡市早良区西新5-15-11 2F

電話番号
0120-947-123

営業時間
10:00〜19:00
基本的には年中無休ですが、たまに休む時があります。。詳細は定休日カレンダーを御覧ください。

メールでの問い合わせは問合せフォームからお願いします。

iPhoneの修理などはご相談ください。営業時間外でも対応いたします。

iPhoneケースを買いに来れない方はメール便かレターパックにて発送いたします。お問合せください。


LINEで送る
Pocket