LINEで送る
Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

water-217172_960_720

最近、iPhoneの水没のお客さまが多く来られているので、iPhoneを水没させてしまった時の応急処置の仕方を紹介していこうと思います。

まず、iPhoneを水没させてしまった時なのですが、してはいけないことがあります。

・電源をつける
・充電する
・ドライヤーで乾かす

など、電気の流れる行為をしてしまったらiPhoneがショートして破損してしまうことがあります。
ドライヤーで乾かす行為は、iPhoneが熱暴走で破損してしまいますので注意しましょう。

次に、どのような液体にiPhoneを落としてしまったかで処置が変わってきます。

水没原因として、水道水やジュース、入浴剤入りの湯船とさまざまです。
この一般的な液体での水没は、ジップロック付きの袋に乾燥剤と一緒にiPhoneを入れてください。

そして最も破損率が高く、厄介な液体が今の時期ピークになる海水です。
海水はiPhone内の端子を錆びさせてしまいます。
端子が錆びると、電流が流れなくなってしまうのでiPhoneが動かなくなってしまいます。

そして、海水での応急処置ですが、かなり抵抗があるかと思いますが画面が付いていないことを確認して水道水で洗いましょう!
海水に含まれる塩分を出来るだけ取るということですね。
こうすることによって、復旧率はそのままの時よりも多少は高くなるかと思います。

screwdrivers-1073515_960_720

どのタイプの水没もですが、水没させてしまったらiPhoneの修理屋さんに持って行きましょう。
確実に復旧するというわけではありませんが、復旧する可能性があります。
そして、持っていく期間が伸びれば伸びるほど復旧率が段々と落ちていきます。
これだけは注意してくださいね!

水没させないようにする方法ですが、これは液体の近くにiPhoneを持って行かないということしかないかと思います。
海は是非写真でとって起きたいですよね?
そういう時は、少し金額が高いですが、防水仕様のケースをiPhoneに取り付けることをおすすめします。

もし、水没させてしまったけど問題なくiPhoneが使えるという方で、何となく不安だという方は、iatQで診断をされてみてはいかがでしょうか?
詳しくは電話でのお問い合わせ、メールでのお問い合わせにて!



iPhone専門店のi@Q(あい あっと きゅー)

住所
福岡市早良区西新5-15-11 2F

電話番号
0120-947-123

営業時間
10:00〜19:00
基本的には年中無休ですが、たまに休む時があります。。詳細は定休日カレンダーを御覧ください。

メールでの問い合わせは問合せフォームからお願いします。

iPhoneの修理などはご相談ください。営業時間外でも対応いたします。

iPhoneケースを買いに来れない方はメール便かレターパックにて発送いたします。お問合せください。


LINEで送る
Pocket