LINEで送る
Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

なんかタイトルで言い切った感があるので、これ以上書かなくてもいいような気もしますが、そういうわけにはいきません。ということで、本日も駄文にお付き合い下さい。

img_4972

この右下の白っぽい丸が今回の敵です。
どうやら息子さんが車のゲームをする際にタップする場所だということです。
iPhoneは感圧式ではなく、静電式なので押さなくてタップ(触る)だけで十分に反応するのですが、やはり押したくなるんですよね。

そして強く押し続けると、このように液晶が傷んでしまいます。
液漏れ症状で進行性ですね。ジワジワきます。
ということで、いつもご来店いただく西新在住のお客様が再来店。

久しぶりのiPhone4シリーズの修理だったので、いったいいつが最後だろう?と思い調べてみると今年の3月1日にiPhone4の画面割れ修理をしているようです。ということは203日ぶりのiPhone4シリーズの修理です。
まったく関係ない?ですが日数を調べるのにgoogleの検索で9月22日-3月1日という検索をしてみると日数でました。

さすがgoogleです。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-22-16-31-00

端数の意味はわかりませんが。

 

ということで修理に取り掛かります。
もちろん在庫はございます。
新しくできたiPhone修理店さんは材料と技術がないらしく、たらい回しで当店に回ってくる事がおおいのですが、当店は在庫置いてます!単なる在庫の調整ミスという話もありますが、4シリーズの在庫がそこそこありますので、困っている方は西新まで起こし下さい。

久しぶりのiPhone4sの修理で思わず時間を測ってしまいました。
普段は時間を優先しすぎて丁寧な作業が疎かになってはいけないと思い時間は測らないのですが、203日ぶりのチャレンジなので、許してください。

ということで結果。

img_4974

32分14秒です。
世界記録(そんなのがあるかは知りませんが)には及びませんが、中々の成績ではないでしょうか。
iPhone4シリーズの修理が多かった時の最速が20分ほどだったと記憶しているので、こんなもんかと思います。

ちなみにiPhone4シリーズの画面割れ修理は手間が多く難易度が高いのです。
iPhoneの背中側から開ける
バッテリー外す
ロジックボード外す
パネル外す

パネル付ける
ロジックボード付ける
バッテリー付ける
背中側のパネル付ける

超大雑把に言ってこんな手順です。
そして、いまのメイン機種のiPhone6だと
フロントパネル外す
パネルの付属品外す
パネルの付属品付ける
フロントパネル付ける

こんな感じなので、2倍も手間が違うんです。

慣れれば、なんてことないんですが今は年に数回しか修理依頼がないので慣れる場もないんです。
だから新人さんなどに教えることができないので、古の技術となってしまうわけです。
ともあれ、お客様が次も何かあったら絶対にココに来ます!他の店には行きません!と言っていただいたのが本日最大の報酬でしょうか。

正直面倒な仕事だと思った瞬間もありますが、こうやって感謝の言葉をいただくと古い機種でも頑張って修理をしようと思えますね。

 



iPhone専門店のi@Q(あい あっと きゅー)

住所
福岡市早良区西新5-15-11 2F

電話番号
0120-947-123

営業時間
10:00〜19:00
基本的には年中無休ですが、たまに休む時があります。。詳細は定休日カレンダーを御覧ください。

メールでの問い合わせは問合せフォームからお願いします。

iPhoneの修理などはご相談ください。営業時間外でも対応いたします。

iPhoneケースを買いに来れない方はメール便かレターパックにて発送いたします。お問合せください。


LINEで送る
Pocket