LINEで送る
Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

夏です!花火の季節です!
また花火の季節がやって来ましたね!むやみにテンション上がります!
ダダ上がりです!

hanabi

福岡でも市内なら大濠公園の花火大会がありますし、久留米市では西日本最大級の筑後川花火大会があります。
せっかく花火を見に行ったのならiPhoneで綺麗な写真を取りたい!ということで、iPhoneを使って花火の写真を綺麗に撮る方法をご紹介します。

iPhoneは、動作的な性能もそうですが、カメラ性能も良いです。(と言うよりも、最近のスマートフォンのカメラは性能がいい)
iPhone5は少し古くなってきましたが、それでも(私からみて)かなりいいと思います。
技術の進歩は凄いんだな・・・と思う瞬間でもありました。

基本的には普通のカメラと同じコツが使えます。
夜間は光が少ないので手ブレが目立つ場合は三脚を使いましょう。

写真を取る時の問題の1つである、ピント。
ピントがあっていないと、せっかくの花火の写真がぼやけてしまいます。
そこで、ぼやけさせない方法です。

iPhoneにはオートフォーカスの機能が付いていますが、花火は早いためピントが合う前に消えてしまいます。
そこで、前もって先にピントをあわせるのです。 アクションゲームで言う、判定を置く的な。

花火が上がると思われる位置に前もってピントを合わせると、不思議な事にいい感じにピントがあるんですよ。
このピントの合わせ方はカンタンで、花火が上がりそうなところを長押しするだけ。
ただそれだけです。 カンタンでしょ?

普段は容量を消費するから控えてるかたも多いと思われるHDR機能。
この機能を使えば、より綺麗な花火の写真が取れるかも!?
この辺は、撮影者の腕の見せどころになってきますね!

もう一つの方法ですが、動画から花火の映像を切り抜くという方法。
こちらは、容量がたくさん開いている方は問題ないかもしれませんが、16GBモデルの方や容量が空いていないという方は少しきついかもしれません。

ですが、こちらもいい感じに綺麗な画像が出来上がるので、オススメの1つです。
動画の方が、ブレの補正やピントが何となく良い気がします。(私の感覚です)
何より、シャッターチャンスを気にしなくていいというところが一番良いところ何じゃないかなと思います。

普段の夜景で練習して、本番の夏祭りの花火に備えましょう!

素敵な花火ライフを!



iPhone専門店のi@Q(あい あっと きゅー)

住所
福岡市早良区西新5-15-11 2F

電話番号
0120-947-123

営業時間
10:00〜19:00
基本的には年中無休ですが、たまに休む時があります。。詳細は定休日カレンダーを御覧ください。

メールでの問い合わせは問合せフォームからお願いします。

iPhoneの修理などはご相談ください。営業時間外でも対応いたします。

iPhoneケースを買いに来れない方はメール便かレターパックにて発送いたします。お問合せください。


LINEで送る
Pocket