LINEで送る
Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

いきなり暑くなり始めましたね・・・
まだ梅雨明けの発表はされていませんが、空を見る感じ、もう梅雨は明けてそうです。
これから楽しい楽しい夏が始まるようですよ。 私はあまり楽しみでは無いですが・・・

そんな人それぞれの夏ですが、iPhoneにとってはつらい季節です。
熱による破損、海水での水没・・・
色々な原因で破損しやすい季節でもあるのです。

ですが、これ以外にもう一つ問題が最近になって出てきたとのこと。

apple-1125135_960_720

それは、iPhone6sとiPhone6sPlusのフレームが腐食してしまう問題です。

iPhone6シリーズが出たばかりの時は、iPhone6Plusが曲がるということで話題になりました。
もちろん、アルミ合金を使っているiPhone6も割と簡単に曲がります。
この問題を解決するために、iPhone6sシリーズから強度が2倍ある7000番台のアルミを使っているそうです。

7000番台のアルミは、最近のスピードの出る自転車にも使われているようです。
割りと近いところにあるようですよ。

硬度が高い上に軽いという優秀な素材なのですが、この素材に変えたことによって、今回の問題が起きたようです。
あまり理科に詳しくないのでよくわからないのですが、このアルミ合金に含まれている亜鉛の含有率が高いそうで、これが原因で腐食が起きたようです。 亜鉛が多いと酸化が進みやすいんですかね?

私はまだ見たことはないのですが、使っているiPhoneが落としてもいないのに段々とボロボロになっていくのは非常に辛いことですね。 デザインがいいのに外見がボロボロになってしまうと泣けてきます。
一応、iPhone6sとiPhone6sPlusには酸化防止の対策がされてあるそうですが、あまり効果は発揮されていないようです。

Apple曰く、今のところ、この問題を解決する方法はないそうです。 これはクレームが殺到しそう・・・

一応、腐食を防ぐ方法を調べてみた。
このiPhone6sシリーズに使われているアルミ合金は、湿気で腐食が進みやすくなるらしいです。
湿気と言うと、今の時期は最悪ですね・・・

多少は問題無いとは思いますが、iPhone6sシリーズで、お風呂に入っている時にiPhoneを使っているという方は、これからはお風呂での使用を避けたほうがいいかもしれませんね。

たぶん他のiPhoneでも言えそうなことですが、海で使うのも避けたほうがよさそうですね。
潮風で腐食が進みそうですし、何より海水での水没で、フレームどころかiPhone自体が復旧不可能になってしまうこともありますからね・・・

他の対策として、ケースを付けてみるというのもありかもしれませんね。
効果があるのか?と言われると分かりませんが、直接iPhoneを触ることがなくなるので効果は出そうです。
落とした時のダメージも軽減出来ますからね!

iPhone6sシリーズをお持ちの方は、この夏は腐食問題に注意してくださいね!



iPhone専門店のi@Q(あい あっと きゅー)

住所
福岡市早良区西新5-15-11 2F

電話番号
0120-947-123

営業時間
10:00〜19:00
基本的には年中無休ですが、たまに休む時があります。。詳細は定休日カレンダーを御覧ください。

メールでの問い合わせは問合せフォームからお願いします。

iPhoneの修理などはご相談ください。営業時間外でも対応いたします。

iPhoneケースを買いに来れない方はメール便かレターパックにて発送いたします。お問合せください。


LINEで送る
Pocket