LINEで送る
Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

最近暑くなってきましたね!
九州でも30度を超えるところが出てき始めているくらいですからね。
福岡も30度を超える日は近いです・・・

ice-639799_960_720

暑いと言えば、iPhoneの冷まし方!
もう少し気温が上がったらですが、決まった時期に必ずiPhoneが動かなくなったとお客さまが来られます。
状態を見てみると、iPhoneが高熱になっている状態が多いです。

更に、シリコンケース等の熱伝導がよくない物を着用している事が多いですね。
ケースを付ける事が悪いわけでも、シリコンケースが悪いわけでもないのですが、その場の状況に合わせた物がいいですね。
というわけで、iPhoneの冷まし方を再確認していきましょう!

一つ目、iPhoneのケースを外す
金属製のケースでも、外せば多少は効果が出ます。
極端な例ではありますが、夏場に分厚いトレーナーを着ているか、半袖のTシャツを着ているかの違いですね。

二つ目、熱伝導のよい物の上にiPhoneを置く
iPhoneに溜まった熱を効率よく分散させるということですね。
冷たい金属板のようなものがあれば、割と早い時間で冷えますよ。

三つ目、iPhoneを使わない
これは二つ目と同じような感じではありますが、熱伝導のよい物の上に置かずとも、使っていなければそのうち冷えます。
もし、いつまでたっても冷えなければ、iPhoneに何らかの異常が出ているということですので、その時はすぐにiPhoneの修理屋さんへ持って行きましょう!

Alarm_Clocks_20101107a-768x1024

急ぎの時や、贅沢をしたいときは熱さまシートのような物を使うといいでしょう。
熱を奪い取るものなので、ものすごい効果が出ます。
しかし、物自体がそれなりの金額なのでご利用は計画的に・

逆に、やってはいけないことも念の為に再確認します。

一つ目は、冷蔵庫に入れること
二つ目は、保冷剤をiPhoneにあてること
他にも、急激に冷える物はNGです。

熱くなっているものを急激に冷やすと、水分が出ます。
この出てきた水分により、水にも落としていないのにiPhoneが水没の状態になります。
もちろん、気がつかないのでそのまま電源を入れてしまい、iPhoneが故障してしまったということも割りと多くあります。

この事を何となく覚えていたら、お金もかからずiPhoneも故障せず使えます。
気温があがっている日は、少しだけiPhoneに気を使うといいかもしれませんね!

もし、NG行為をしてしまい、iPhoneが起動しなくなったらiatQにお越しください!
詳しくは、お問い合わせください!



iPhone専門店のi@Q(あい あっと きゅー)

住所
福岡市早良区西新5-15-11 2F

電話番号
0120-947-123

営業時間
10:00〜19:00
基本的には年中無休ですが、たまに休む時があります。。詳細は定休日カレンダーを御覧ください。

メールでの問い合わせは問合せフォームからお願いします。

iPhoneの修理などはご相談ください。営業時間外でも対応いたします。

iPhoneケースを買いに来れない方はメール便かレターパックにて発送いたします。お問合せください。


LINEで送る
Pocket