LINEで送る
Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

iPhoneの修理が主な業務の当店で2回連続AppleWatchの記事で少し気が引けますが、iPhoneとAppleWatchはセットということで、強引に記事にしちゃいましょう。

前回の記事:AppleWatch周辺機器を購入してみました。

さすがAmazon、仕事が早いですね。月曜の午後に注文して水曜日のAMに届くという。
Amazon天才かと思いました。
ということで開封の儀。と言ってもAmazonの箱は開けた後に写真を撮っていないということに気付いたので、そこは無かったことにします。

img_1174

届いた商品がこれ。
写真の向きがおかしいきもしますが、お気になさらずに。

まずは気になっていたベルトから。開封してまっすぐに伸ばしたところ。
img_1175

 

次に最大値まで伸ばしたところ。23cmほどですね。写真の一番上はマグネットになっていて長さ調整の為のパーツです。
つまりこのベルトを着けるためには手を窄めた状態の最大外周が230mm+38mm(AppleWatch)の幅
img_1176

 

これはベルトを着ける方向です。
筆者は左手に着けるので竜頭が右側に来るように置いた時にマグネット部が上になるようにセットします。
img_1178

コレはAppleWatchを裏から見た図ですね。
ベルトの根本のボタンを押しながら脱着します。
img_1177

 

そして無事にベルトを着けて手を通そうとしているところです。
超ギリギリですね。返品か!?と一瞬頭をよぎりましたが、ギリギリ入りました。
img_1179

 

結果として無事に装着することができました。後はしばらく使ってみた後に使用感のレビューの予定です。
実は筆者は金属アレルギーがありまして金属のベルトに不安を感じるところではありますが、一応アレルギーが出にくいステンレス製ということでチャレンジ中です。

 

次に充電ケーブルケースの開封の儀。

袋に入った状態。光が反射して何なのかわからないですね。
img_1180

 

表の様子
img_1181

 

裏の様子
img_1183

 

立てたとこ。同じ方向ばかりに定規を当てて、肝心な厚みに定規をあててないので、写真からじゃわからないことに、今気づきました。ということでコメントにて補足すると外幅が19mm(ベロ部含まず)で内幅が13mmです。ざっくりと測ってるので正確性は補償しませんが、だいたいあってます。
img_1182

 

次にケーブルを装着した写真がこなければいけないのですが、肝心なケーブルを自宅に忘れてきたので、そこまでの写真が撮れないのです。勘弁してください。
完全にセットした状態での写真は後日、この記事に追記いたしますのでご容赦を。

ということで、開封の儀+簡単なレビューでした。



iPhone専門店のi@Q(あい あっと きゅー)

住所
福岡市早良区西新5-15-11 2F

電話番号
0120-947-123

営業時間
10:00〜19:00
基本的には年中無休ですが、たまに休む時があります。。詳細は定休日カレンダーを御覧ください。

メールでの問い合わせは問合せフォームからお願いします。

iPhoneの修理などはご相談ください。営業時間外でも対応いたします。

iPhoneケースを買いに来れない方はメール便かレターパックにて発送いたします。お問合せください。


LINEで送る
Pocket